TOP|葛飾北斎|凱風快晴|歌川広重|おすすめ商品

A1_T1 hokusai-akahuji-1

    

富士を対象に、移りゆく「光と水」の世界に挑んだ北斎 ― 葛飾北斎「富嶽三十六景」

 「四季晴雨風雪霧天の造化に随い景色の異るを筆端に著す」

 文政6年(1823年)に出された絵手本(教習本)に掲載された、「富嶽八體」(ふがくはったい)の広告である。
 四季、晴れ、雨、風、雪、霧といった自然現象の変化に従って、その景色を変える富士を筆で表わすとした北斎の意図は、後の「富嶽三十六景」に生かされ、続くものである。

 富士という一つの対象が、刻々と変化する自然の中で、異なる姿を見せる有様を、筆で描き尽くしたいと願った北斎は、究極には「光、水といった捉え難いもの」を描くことを目指したのだと言う。

 「甲州石斑沢」では、富士は彼方に天高く聳え、裾野は広がりを見せ、藍の濃淡で、夜明け前の薄明りの光の世界を著している。
 逆巻く怒涛の大波を遠望の富士とともに表現した「神奈川沖浪裏」。湖面の逆さ富士を描き、水を表現した「甲州三坂水面」など。

 「富嶽三十六景」の数々から、光、水を捉えようと挑んだ北斎の意図が見て取れる。

 「光と水」に挑んだ北斎の画技は、印象派の画家、クロード・モネにも通じるものだという。
 モネも光によって刻々と変容する世界を、「睡蓮」の連作などで表現している。

 モネのフランス・ジヴェルニーの家には、所狭しと浮世絵が飾られ、研究者によると、そのうち北斎の作品は22点、「富嶽三十六景」は9点あったとのことである。
 もちろん、「凱風快晴」「神奈川沖浪裏」「甲州石斑沢」も含まれていた。

 刻々と移りゆく光と水の世界。二人の巨匠が挑んだ世界である。


A2_T1 hokusai2
葛飾北斎「神奈川沖浪裏」
ご注文は → http://art-shuppankikaku.com/2_2.html



関連記事
スポンサーサイト